インフォメーション

2019-11-26 21:55:00

世界選手権その⑤

計量も無事にクリアし、ここからはカーボUP!!

事前にジプロックにキープしておいた食料を

部屋に戻ってむさぼるように食べました!

 

今回は絞り切った体なので、塩分もあまり気にせず

水分も食事の時は気にせず飲みながらカーボUPしました。

 

おそらくこの日の夜中が、最高潮に状態が良かったと思います。

物を持っただけで血管が浮き出て、パンプアップをせずに

ステージに行けるような、代謝も良く感じも良かったです。

 

計量後2~3時間の間隔でカーボUP、塩分、水分を普通に取っていたのですが、

次の日は1日フリーだったので、体の状態が少し水っぽくなってきました。

体重も6KgUPしていたので反省です。

 

画像は束の間のバカンスとでも言いましょうか!

ホテルのプールサイドで65Kg級日本代表のキムちゃんこと木村選手とのショットです(笑)

 

この後ヤバいと思い サウナ⇒ジムでトレーニング⇒ポージング練習と

汗を出し調整しました(汗)

世界選手権その⑤

2019-11-20 16:55:00

世界選手権その④

11/6・午後からのウエイインがあるため、

朝から固形物はほとんど取らず、(タンポポ茶をサプリメントと一緒に取る程度)

ここから更に約2時間半サウナに入り体重を2.8Kg落とし

ウエイインの時間までホテル待機です。

 

クラシックボディビルの計量は、

身長を計測した時点でクリア体重がわかるため、

(例168cm以下級 身長-100cm)

計測本番でいつもより低い身長が出ることを想定をして

体重を落とさなければなりません!

 

大会期間中、一番ピリピリしていたのはこの時です。

 

画像は、サウナ地獄後ホテルで待機中に

同部屋のキャプテンこと浅野選手に撮ってもらいました(笑)

 

世界選手権その④

2019-11-18 21:55:00

世界選手権その③

計量(ウエイイン)日は、前日(5日夜)と当日(6日朝)の身長差をチェックしました。

 

ホテルの部屋で、クラシックの代表としてお互いに切磋琢磨してきた

171cm以下級のラビちゃんこと井上選手とお互いにチェック!

 

やはり体重オーバーは許されないので、計量日は朝9時からサウナ地獄となりました。

 

世界選手権その③

2019-11-13 21:55:00

IFBB世界選手権その②

羽田空港より5日深夜便でドバイに向け出発し、現地時間5日AM7:00ドバイ空港到着!

ホテルのチェックインがPM3:00なので、それまでの間トレーニング組と観光組に分かれ行動しました。

私は11時間のフライトと計量前の食事制限もありトレーニングをしたら

カタボってしまうので迷わず観光を選びました。

 

ドバイは異国に来たと感じられる国で、どの景色も新鮮で刺激的でした!

時差の関係で午後には睡魔との戦いとなり、観光もままならない状態でした。

そして明日の計量が頭から離れない1日となりました(笑)

IFBB世界選手権その②

2019-11-12 21:55:00

IFBB男子世界選手権大会を振り返って①

10日深夜に日本に到着し、11日午後にようやく我が家に戻りました。

結果から報告しますと、ファイナル決勝6名には入れず、

なんと言っていいか分かりませんが、7位と非常に悔しい結果となりました。

 

自分の中では、最低限の仕事(日本代表として)としてファイナル決勝進出は絶対条件と

考えていたので、残念と言うか悔しくて仕方ありません。

今後のことも含め、じっくり考察してから次に進みたいと思います。

 

みなさん応援ありがとうございました。

IFBB男子世界選手権大会を振り返って①

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...